高層ビル

開業するなら

起業当初の拠点にする

事業をはじめたいけれど、自宅で開業をするには自宅住所を登記したり、特定商取引法でインターネットで事業をする場合も開示しなければならないので、どうしても自宅住所を公開するのはちょっと気が引けてしまう、また事務所を借りるにも何十万円という初期費用がかかるので、開業当初で家賃だけで何十万円も払っていけるほどの余裕がない場合は、レンタルオフィスを利用することです。レンタルオフィスは、一般の賃貸事務所と違って敷金や礼金が不要で借りることができます。そのため、安価な賃料で借りることができて駅前などの一等地に格安で利用ができます。そのレンタルオフィスの住所を登記することができますので、事務所にするには非常に便利です。

さまざまなオプションサービス

個人でレンタルオフィスで仕事をしているとなると、もし出張に行った時に事務所を不在にしてしまうことになります。そのようなときに仕事関係の電話が入って留守電であったとなると、商機を逃すことになってしまいます。そのようなときに備えて、電話秘書サービス、電話代行サービスを利用することができます。不在時でも電話応対してくれます。そして、要件を自分の携帯電話に連絡をいれてくれます。そして、すぐに相手先に折り返し電話をすれば、ビジネスチャンスを逃すことがないようにできます。また、自宅で開業すると不在だと郵送物が受け取れないこともあります。それがレンタルオフィスであれば、一旦受け取って転送してくれるサービスもあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加